家を建てるときの土地の選び方

建築条件付き土地

新築住宅を手に入れる時には、以下の3つから選ぶことになります。

 

(1) 土地を買い、住宅会社を選んで自由な設計の建物を建てる注文住宅。

 

(2) 土地と完成住宅がセットになった建売住宅。

 

(3) 建築条件付土地を購入して家を建てる。

 

建築条件付土地とは

 

建築条件付土地とは、住宅会社が指定されている条件付の土地の事です。

 

土地を探していると、このような条件付の物件に出くわす事があります。

 

この建築条件付土地は、建築を請け負う会社が決まっているだけで、
家の設計プランは自由に決めることができます。

 

しかし、指定の住宅会社と畑違いの工法や建築材を注文する事はできません。

 

ですから、注文住宅と比べると、自由度が低くなります。

 

また、住宅会社を探す手間を省くことができるというメリットはありますが、
希望の住宅会社がある場合は、
その土地がどんなによい土地であっても購入することができません。

 

更に、建築条件付土地は、土地の売買契約後、任意の期間に
建築請負契約が成立しない場合、
土地の売買契約自体が不成立になります。

 

この任意の期間は、3ヶ月以内と認定されることが殆どです。

借地権で土地を借り家を建てる場合

自分で土地を購入しなくても、借地権で土地を借りて家を建てることもできます。

 

つまり、他者が所有する土地に家を建てるという方法です。

 

土地の所有者に地代を払って土地を使う権利を得るのです。

 

この借地権を利用すれば、土地を購入するよりも
トータルの資金を低く抑えることができるでしょう。

 

資金がウマく調達できなかった場合は
この借地権で土地を借りて家を建てるという方法も検討する余地があります。

 

ただし、契約が満了した場合は家を壊し、
更地にして返還することが条件になっているなど、
住宅ローンを組む際に弊害になる場合もあります。