家を建てるときの土地の選び方

建ぺい率と容積率

敷地いっぱいに、家を建てることはできません。

 

建物の大きさは、用途地域ごとに建ぺい率や容積率などによって
規制されています。

建ぺい率とは

建ぺい率とは、敷地面積に対して
何%の面積の家を建てることができるかを定めたものです。

 

建ぺい率が低いと、敷地をゆったり使うことができます。
ですから、建物間に空間が生まれ、町並みは余裕のある感じになります。

容積率とは

容積率とは、色紙面積に対する延べ床面積の割合です。

 

この容積率によって必然的に建物の高さが決まります。

 

ですが、建築物の階数を規制するものではありません。

 

ワンフロアの面積を広くして2階建てにしたり、
狭くして3階建てにするなど調整できます。

 

ただし、建物の高さを規制する条件は他にもありますから、
容積率だけで決めることはできません。

 

物件の位置が角地か否か、前面道路の広さによって
例外規定もあります。

 

家はこのようにどこにでも、建てられるものではなく、
さまざまな規制があり、その規制を守って建てることが必要です。