家を建てるときの土地の選び方

家を建てる事ができる敷地

家は、「建築基準法」という法律により、
法律上、敷地が道路とつながっていなければ建てることができません。

 

この建築基準法では、「接道義務」と言う決まりが定められていて、
住宅用の敷地は幅4m以上の道路が敷地と2m以上接していなければならないとなっています。

 

とはいっても、道路に必ずしも接していなければならないというわけではなく、
広い道路から路地でつながっている奥まった敷地も、
路地幅が2mあれば家を建てることができます。

 

ただ、実際には道幅が4mに満たない道路も多いため、
例外規定が定められています。

 

これは、「2項道路(みなし道路)」と呼ばれているもので、
特定行政庁が指定していて、
特別に建築基準法の道路として扱うことが認められた道路になっています。

 

この2項道路は、将来的に道路を規定の広さにすることを前提に定められています。

 

ですから、既にその道路と接した敷地に建っている家については問題ありません。

 

ですが、建て替えるときには規制がかかるので注意が必要です。

 

この規制を「セットバック」といいますが、
道路の中心から2m下げたところまでを道路の境界線と定める規定です。

 

家を建て替えるときは、2m後退した場所より更に後でなければ塀を作ることもできません。

 

建ぺい率や容積率を割り出すときも、
その境界線よりも前の敷地を自分の家の敷地面積に含めることはできません。

 

ですから、道路に面した中古住宅を購入する場合は、
面している道の幅に注意することが必要です。